• ご参加は、メルマガ登録からお願いします!ご参加は、メルマガ登録からお願いします!
活動報告一覧を見る
2013年9月29日(日) 新潟県南魚沼市
栗原はるみさんと体験!
キッズ・稲刈り・
チャレンジ in 南魚沼
天気にも恵まれ、大成功!
稲刈りからハザかけ天日干しまで
みんなで頑張りました。
プロポーザー / さん
9月29日、料理家・栗原はるみさんとともに
「キッズ・稲刈り・チャレンジ」を開催しました。
田植えチャレンジと同じく
新潟県南魚沼市の田んぼに、
20人の子どもたちが再び集まりました。
↑

◎ チャレンジ前に、塩むすびやきのこ汁で腹ごしらえ

▲おにぎりのお米は昨年同じ田んぼでとれたもの、梅干し、いぶりがっこ、
自遊人さんの「人参ジュース」、きのこ汁。

バスで3時間ほどかけて、田んぼ到着。まずはみんなでお昼ご飯をいただきました。

▲おいしい!

▲たくさん食べちゃいます。

今回も「自遊人」の皆さんと地元の観光協会の方が塩むすびやきのこ汁、漬け物など、
子どもたちのためにおいしいごはんをたくさん用意してくれました。

◎ 稲刈りの先生は、「自遊人」岩佐さんと、農家の今井さん!

▲稲刈りのレクチャーをする「自遊人」編集長 岩佐さん

▲田んぼを貸していただいた農家の今井さん

お腹を満たしたら、開会式へ。今回も「自遊人」代表の岩佐さんと田んぼを提供して頂いた農家の今井さんが
稲刈りのやり方等をレクチャーしてくれました。

▲いもち病の稲と正常の稲と比べる子どもたち

▲いもち病の説明をする今井さん

さらに今井さんは、実際に実った稲を手に生育の状態や稲の病気についても教えてくれました。

◎ いよいよ稲刈りチャレンジスタート!

▲稲刈りの仕方についてレクチャーする岩佐さん

▲真剣に聞く子どもたち

今年は天気のよい日も多く、お米は大豊作の年。
カマを手に、一面に実った黄金色の田んぼに並んで稲刈りに挑戦です。

▲今回で4回目の栗原さんはドンドン刈って行きます。

▲子どもたちも一生懸命に刈って行きます。

▲上手に刈れたよ。

▲天気もよく気持ちいい!

子どもたちに混じって、栗原はるみさんも稲刈りに挑戦!
今年は稲の量も多かったため、いつも以上に大変な作業。
みんな悪戦苦闘しながらも、とても楽しそうに刈り取っていました。

◎ 稲を刈ったら、天日干し!みんなで「ハザかけ」もしました。

▲ハザ掛けも行います。

▲子どもたちもハザ掛けに挑戦!

刈り取ったら、稲を束ねて「ハザ」という枠にかけて天日干しをします。
この作業はみんなのチームワークが大切。
栗原さんも、大人の皆さんも一緒に力を合わせてハザかけをしました。

◎記念にみんなでパチリ! 栗原さんからチーズケーキのごほうびも!

あっという間に予定時刻になり、稲刈りチャレンジは終了。
みんなで収穫した稲と八海山をバックに、記念撮影をしました。

▲栗原さんが作ってくれたチーズケーキ。

▲一人一人栗原さんが手渡しします。

▲おいしいね。

▲みんなおいしいチーズケーキに大満足!

終了後は、栗原はるみさんからチーズケーキのプレゼントも!この日のために特別に作ってくださいました。
チーズケーキの材料は雪印メグミルクさんに提供して頂きました。

一生懸命はたらいたあとの甘いケーキ、青い空の下で食べるとおいしさもひとしおです。
栗原さんにも、みんなできちんとお礼を言いました。

今回も、イベント開催にあたりたくさんのご協力をいただきました。
・田んぼをご提供いただいた農家の今井さん。
・朝早くからたくさんのおにぎりを作って頂き、
田植え指導やイベントサポートなど、全面的に協力してくれた「自遊人」の皆さん。
・おいしい豚汁を作ってくださった南魚沼観光協会の方。
・イベント機材やスタッフを新潟まで安全に運んでくれたFiniの皆さん。

本当にありがとうございました!

■「キッズ・稲刈り・チャレンジ」 実施概要

〈参加者数〉 総参加者98名(内、子供29名)
〈講師〉 栗原はるみさん、岩佐十良さん(自遊人・編集長)、今井 聡さん(農家の方)
〈主催〉 KIDS SAVER
〈協力〉 株式会社ゆとりの空間、株式会社 自遊人、有限会社Fini、株式会社 BRIDGE
〈広報協力〉 朝日新聞

運営団体について
E-mail
お問い合わせはこちら
info@kids-saver.com
事務局住所
〒107-0062
東京都港区南青山5-6-24
バルビゾンビル4F
協賛企業
支援して下さっている企業一覧
↑