• ご参加は、メルマガ登録からお願いします!ご参加は、メルマガ登録からお願いします!
活動報告一覧を見る
2015年9月27日(日) 新潟県南魚沼市
雑誌『自遊人』さんと体験しよう「キッズ・稲刈り・チャレンジ in 南魚沼」
今年5月の田植えから4ヶ月が過ぎ、稲刈りの季節がやってきました。この日、集まったキッズたちは、稲刈りやはざ掛けを体験! 一年を通じて日本人の主食である“お米づくり”について学びました!
プロポーザー / さん
日本有数の米所として知られる新潟県南魚沼市。ここで開催されるキッズ・セーバーの米づくり体験は、今年も収穫の季節を迎えました。9月27日(日)、集まった23名キッズたちは、春の田植えに続いて、稲刈りにもチャレンジ! みんなで気持ちのいい一日を過ごしました。
↑

◎春の田植えに続いて、稲刈りにチャレンジ!

5月に開催された「キッズ・田植え・チャレンジ」から4ヶ月。ふたたび新潟県南魚沼市の田んぼにキッズが集合! おいしい「おむすび」や「キノコ汁」を楽しみ、稲刈りやはざ掛けにチャレンジしました。

東京から約3時間。日本一お米がおいしいと言われる新潟県南魚沼市の田んぼに到着。まずは、おいしいごはんで腹ごしらえです。みんなたくさん食べて、元気に稲刈りしようね!

今回も南魚沼産のお米でにぎった、とびきりおいしい「塩おむすび」や「キノコ汁」「梅干し」など、子供たちのために、雑誌『自遊人』と『六日町観光協会』のスタッフの皆さんがご用意してくれました。

さ~て、お腹がいっぱいになったら、田んぼへGO! 「キッズ・稲刈り・チャレンジ」のはじまりはじまり~!

田んぼには美しく実ったお米が待っています。霊峰・八海山をはじめとする山々から流れ出す雪解け水と、昼と夜の寒暖差、お米づくりにおいて、とても恵まれた条件がそろう南魚沼。そんな南魚沼の田んぼで無農薬、無肥料の米づくりを体験していくキッズたち。

今年もしっかりと稲が実った田んぼを前に、開会式がスタート! 今回も雑誌『自遊人』編集長の岩佐十良さんが、稲刈りについて分かりやすく教えてくれました。

稲を刈るための鎌の安全な使い方や、稲の束ね方、無農薬栽培の田んぼだからこそ生えてしまう「ヒエ」や「マメ」といった雑草の取り方など、子供たちは真剣になって学びました。

自分たちが植えた苗が大きく育ち、いよいよ収穫する瞬間がやってきました。サクッ、サクッ。鎌で刈るといい音がするね♪

「キッズ・稲刈り・チャレンジ」も回を重ねるごとに2度3度と参加するキッズたちも増え、経験豊富なキッズたちは雑草の処理なども担当。はじめての子も鎌の使い方をすぐに覚え、元気に稲を刈りました。

今回の稲刈りでも、子供たちが刈った稲を束ねるのはお父さんやお母さんたち。そして、親子で一緒に、兄妹で仲良く、一人で黙々と…、それそれの稲刈りを楽しみました。小さな子供たちも一生懸命に頑張りました!

田んぼにたわわに実った稲を刈り、束ねたら、次は「はざ掛け」を行います。稲の水分を天日で干すために「はざ」と呼ばれる柵に掛けていきます。これが一番おいしいお米の乾燥の方法なんです。

子供たちはどんどん稲を「はざ掛け」していきます。こうして2週間ほど天日干しした稲を脱穀・精米してから、みんなの家に届けますね。自分で作ったお米を食べたら、きっとすごくおいしいよ!

さあ、はざ掛けも終えて、今年の稲刈りチャレンジも元気一杯に終了することができました。みんなよくがんばったね! 刈った稲と八海山をバックに記念撮影! イエ~イ!

今回、「キッズ・稲刈り・チャレンジ in 南魚沼」を支えてくれたスタッフの皆さん。お疲れさまでした。ありがとうございます。

閉会式では、キッズたちから岩佐先生に「ありがとうございました!」と、お礼のご挨拶。みんな一日本当に楽しそうだったね。

今回も雑誌『自遊人』さんから、魚沼のお米から作ったおせんべいのサプライズギフト! キッズたちも大喜びでした。

バスが出発すると、スタッフの皆さんが手を振って見送ってくれました。来年も田植えに稲刈り。南魚沼で一年を通した米づくりを体験しに来ようね!

今回も、イベント開催にあたりたくさんのご協力をいただきました。
・田んぼをご提供いただいた農家の今井さん
・朝早くからたくさんのおにぎりを作って頂き、田植え指導やイベントサポートなど、
全面的に協力してくれた雑誌『自遊人』の皆さん
・おいしいキノコ汁を作ってくださった『六日町観光協会』の皆さん
・イベント機材やスタッフを新潟まで安全に運んでくれたFiniの皆さん
・イベント進行をお手伝いいただいたVIRI-DARIの皆さん
本当にありがとうございました!

■「キッズ・稲刈り・チャレンジ」 実施概要

〈参加者数〉 総参加者50名(内、子供23名)
〈講師〉 岩佐十良さん(自遊人・編集長)
〈主催〉 KIDS SAVER
〈協力〉 株式会社 自遊人、有限会社Fini、VIRI-DARI deserta、株式会社 BRIDGE

運営団体について
E-mail
お問い合わせはこちら
info@kids-saver.com
事務局住所
〒107-0062
東京都港区南青山5-6-24
バルビゾンビル4F
協賛企業
支援して下さっている企業一覧
↑